桜祭り
淡く可憐なピンク色のソメイヨシノを、心ゆくまで堪能できるスポットが新宿から中央線快速電車で50分ほどの場所にあります。
今回は『国立昭和記念公園 桜』について見頃や開花状況、さらに周辺情報や
混雑状況、駐車場情報も含めて詳しくお伝えして行きたいと思います。

国立昭和記念公園 桜2020の基本情報

開催期間

2020年3月下旬〜5月下旬

場所

国立昭和記念公園
東京都立川市緑町3173

アクセス

  • 西立川駅から直結(受付まで徒歩2分)
  • 立川駅からあけぼの口まで徒歩10分
  • モノレール立川北駅からあけぼの口まで徒歩8分

開園時間

3/1〜10/31             : 9:30〜17:00
11/1〜2月末           : 9:30〜16:30
4/1〜9/30の土・日・祝 : 9:30〜18:00
※開園時間は催しもの等により、変更する場合があります。

料金

  • 一般    :450円
  • 小・中学生 :無料
  • 65歳以上  :210円
(年間パスポートは一般4,500円、65歳以上2,100円)

駐車場

2,531台
(大型1,780円/日、普通車840円/日、自動二輪大型260円/日

問い合わせ先

国立昭和記念公園HP

公式サイト

国立昭和記念公園 桜の見頃時期、開花状況

3月20日頃 開花で1~2分咲き。3月24日で5分咲き。
3月27日頃になると、いよいよ満開でもっとも見頃を迎える頃になります。
満開の桜が散りはじめる、1,500本の桜から舞い散る桜吹雪は圧巻の迫力がありますよ。

国立昭和記念公園 桜の見どころ

楽しみは桜の他にも

1500本の桜に囲まれた桜の園は、どれだけ多くの家族連れが来ても敷物を広げ、寝転がって桜を愛でることができます。
うっかりすると桜ばかりに目を取られてしまいがちですが
ふと周りを見れば、川沿いに植えられた色鮮やかなチューリップやラベンダー畑を楽しむことができるのも、昭和記念公園のいいところです。
お腹がいっぱいになったら、公園内にある日本庭園で淹れたての、お抹茶と季節の和菓子はいかがですか?

歓楓亭(日本庭園内・池の西側)

開催時間:
3月〜10月 / 9:30〜16:00
11月~2月 / 9:30〜15:30
※    4月〜9月の土日祝日は17:00まで(一服受付は終了時間30分前まで)
料金:
610円 / 一服(お菓子とお抹茶のセット)

国立昭和記念公園 桜の混雑状況

平日はいつも空いていますが、土日は家族連れや社会人飲み会で賑わっています。
お花見できるスペースが広いので、どれだけ混雑していても、家族4人が敷物を広げて、お弁当を食べるくらいのスペースを確保できます。
職場の宴会で20人をこえる人数の場所を確保したい時は、開園時間9:30と同時くらいに入るのがベストです。

国立昭和記念公園オススメスポット3選

1.白鳥の池

オススメポイント:
水面を吹き抜ける春の風を感じながら、ボートを漕いで日頃の運動不足を解消するのもオススメです。傍らを泳ぐ鯉や鴨も愛嬌たっぷりで癒されます。
天気がいい日は日傘やUVクリームを忘れずに。
屋根付のサイクルボートは直射日光を遮ることが出来る上に足漕ぎなので、ボート初心者でも安心です。
料金:
ローボート    :(3人乗り)60分 700円
サイクルボート:(2人乗り)30分 700円

2.こどもの森のフワフワドーム

オススメポイント:
真っ白でフワフワのトランポリンのようなお山が大小合わせて4つくらいあります。跳ね回るもよし、鬼ごっこに興じるもよし
大人も子供も大はしゃぎできます。
料金:
無料(入園料に含まれます)

3.虹のハンモック

オススメポイント:
テニスコート2面分ほどの広さのカラフルなハンモックがはりめぐらされており、まるで大きなクモの巣のようです。
身軽な子供たちは元気に走り回りますが、どの子供最初はおっかなびっくり。
小学生までしか入れませんが、とにかく楽しそう!
自分も小さい時には、こんな遊具で遊んでみたかったなぁとしみじみ思えてきます。
料金:
無料(入園料に含まれます)

さいごに

敷地が広大なので、ムリをせず休みながらこまめに水分補給しましょう。
園内至るところに自販機やトイレが設置してありますが、東京ドーム35個分とも言われる園内は端から端まで歩くのも大変です。
そんな時は園内を走っているパークトレインの利用が便利です。
  • 大人(15歳以上)     310円/回
  • 小人(4歳以上中学生まで) 160円/回
  • 乗り放題(4歳以上)    520円
昭和記念公園の桜は上野公園や都内の桜に比べて、やや遅咲きのようですのでシーズン終わりの締めくくりに来てみるのはいかがでしょうか。
私も毎年お花見に行きますが、天候に恵まれると春の穏やかな日差しの下でひらひらと舞う桜の花びらに心弾ませるひととき。
楽園とか天国があるとしたら、こんな感じかも知れません。
皆さんもぜひ一度、新宿から電車で1本の楽園に遊びにきてみませんか?
スポンサーリンク
おすすめの記事