桜祭り
今年は暖冬で冬の訪れも遅かったですが、
そんな寒さもピークは超えて春を迎えようとしています。
春を迎えると楽しみになって来るのはやはり桜では無いでしょうか?
今回は大阪府にある『万博記念公園桜まつり2020』についてまとめてみました。
万博公園といえば太陽の塔で有名ですが実は桜の名所100選にも選ばれる程、桜が多く咲いておりその数なんと5,500本あります。
それでは最後までご覧ください!!

万博記念公園桜まつり2020の基本情報

開催期間

2020年3月20日(金・祝)~4月12日(日)
9:30~17:00(入園は16:30まで)
※万博記念公園の下記公式ホームページで、開花状況や営業時間等を確認の上足をお運びください。

場所

万博公園 〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1

駐車場

平日
2時間410円 2時間~3時間 620円 3時間から4時間 830円  4時間から24時間 1,100円
土日祝日
2時間620円 2時間~3時間 930円 3時間から4時間 1240円  4時間から24時間 1,600円
その他詳しい情報はこちらで→https://www.expo70-park.jp/guide/parking/#caption3
混雑状況も確認できてとても便利です。

問い合わせ先

万博記念公園コールセンター 0120-1970-89

万博記念公園桜まつりの見頃時期、開花状況

見頃時期

3月中旬~3月下旬

開花状況

今年は暖冬の為に開花時期は例年より早い様です。
こちらでこまめに確認することをお勧めします。 https://tenki.jp/sakura/

万博記念公園桜まつりの見どころ

5,500本もの桜

5,500本もの桜となると散歩道一面が桜で一色になります。
散った桜も床一面い広がっていて一面ピンク色な景色が見られます。
種類の方は ソメヨシノ ヤマザクラ サトザクラです。

桜だけでなくさまざまな花がある

万博公園は実は年中何かしらのお花が咲いているくらいお花の名所になっています。
公式ホームページでも今月の咲く花を確認できる様になっています。
こちらよりご確認してみてください→https://www.expo70-park.jp/flower/

日没とともに始まる桜のライトアップ

日没を待つと桜をライトアップしてくれます。
木の下から当てられたライトは桜をよりいっそう美しく引き立ててくれます。
桜まつりの期間中は21時まで開園時間を延長してくれていますのでゆっくりと楽しむことが出来ます。

万博記念公園桜まつりの混雑状況

万博公園は休日になると混雑は見られます。
さらに桜まつり期間中はいつも以上に沢山の観光客が訪れる為
混雑は避けられないでしょう。
混雑は避けられ無いかも知れませんが
万博公園には中央口・東口・西口と3種類の入り口があります。
中央口は太陽の塔が目の前にあって最も混雑している事が考えられます、中央口は避けて東口や西口から入場することをオススメします。
とくに東口は桜まつり会場からも近くなるのでオススメです!

万博記念公園桜まつりの周辺オススメスポット2選

1.源気温泉 万博おゆば

住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園11−11
オススメポイント:万博公園のすぐ近くにある温泉です。公園を歩いた後に疲れを癒すのは如何でしょうか?

2.ららぽーとEXPOCITY

住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2−1 ららぽーとエキスポシティ2階Qゾーン20750
オススメポイント:こちらも万博のすぐそばにあります。ショッピング施設や映画館などありますので桜まつりついでに立ち寄ってみてください!

さいごに

やはり昔、大阪万博が開催されただけある公園あって
とても栄えてる会場です。その為桜まつにはとても盛大ですね。
桜の本数も5,500本と沢山ありますのでとても楽しい桜まつりです。
さらに万博公園のHPでも開花情報が常にまとめられているほど
お花の公園としても綺麗なのでお花でも楽しめます。
ちなみに、桜まつり期間中にはチューリップも見頃になります。
日没になると桜のライトアップがあり、また違った桜を楽しめます
やはり混雑を避けることはできないと思いますが、周辺施設には沢山遊べるところがあります。
ぜひ『万博記念公園桜まつり』に足を運んでみてください!
スポンサーリンク
おすすめの記事