桜祭り
雪解けとともに大地にライトグリーンの絨毯が走るように広がる頃、美唄市東明公園を会場に「美唄桜まつり2020」が始まります。
美唄市東明公園の桜は、ソメイヨシノの日本最北限である空知(そらち)地方で随一の桜の名所として知られています。
また、まつり期間中は名物「美唄やきとり」や「とりめし」などを販売する飲食ブースが立ち並ぶなど、桜を観賞しながらご当地グルメを楽しむこともできます。

美唄桜まつり2020の基本情報

開催期間

2月18日現在未定 ※2019年は5月3日(金)~5月5日(日)

場所

美唄市東明公園 / 〒072-0808 北海道美唄市東明町2区

本数

ソメイヨシノなど約2,000本

出店

約10店(グルメ屋台)

出店時間

期間中、イベント内容などにより連日営業時間が変わります
  • 初日:12時~19時半
  • 2日目:11時~20時20分(花火大会)
  • 最終日:11時~15時

ライトアップ

ぼんぼり点灯 18:00~22:00(美唄桜まつり期間中)

アクセス

【公共交通機関】
JR美唄駅よりバスで約20分、ゆ~りん館で降車し徒歩数分
【車】
美唄ICより車で約5分

駐車場

美唄市東明公園 無料駐車場
営業時間 24時間
収容台数 約100台

問い合わせ先

美唄観光物産協会 0126-63-0103

公式サイト

禁止事項

  • 指定場所以外への車両乗入・駐停車禁止
  • ゴミおよび使用した炭などはすべて持ち帰り厳守
  • 立ち入り禁止区間への侵入禁止
  • 植物を採取および鳥獣捕獲の禁止

美唄桜まつりの開花・見頃時期

まだ、開花予想は出ていませんが、例年5月初旬に開花し上旬には満開を迎えています。
北海道の桜は本州に比べゆっくりめですので、ゴールデンウィークに入ってからが例年の見頃となっています。

美唄桜まつりの見どころ

美唄市民の憩いの場でもある東明公園で行われる「美唄桜まつり」では、美しく咲き誇る北限のソメイヨシノの中、さまざまな思考を凝らしたステージショーや“美唄やきとり”や“ザンギ”などの北海道グルメを楽しむことができます。
それだけでも十分すぎる魅力なのですが、ライトアップにより美しさを際立たせ幻想的に浮かび上がる桜と、宵闇の空に大輪を咲かせる打ち上げ花火のコントラストは言葉を失う美しさです。
5月とはいえ北海道の夜はまだまだ肌寒いので、しっかりと防寒のうえご覧になることをオススメします。
※プチ情報
東明公園は森山直太朗が弾き語りをしたことで全国的にも有名になりました。

美唄桜まつりの混雑状況

期間中(2日~3日間)約1万人の観光客が来園するため、約100台収容の無料公園駐車場は連日午後には埋まってしまうことが多いです。午前の早めの時間から訪れるか、美唄駅の無料駐車場に駐車しバスを利用することも混雑回避にはオススメです。
※北海道ならではのグルメが出店で食せるので、観光客の多くは桜並木とともに出店めがけて列を作ります。
静内駅からシャトルバスは往復していますが、1時間に1本程度で時間の制約があるので事前の計画が重要となります。

美唄桜まつり周辺のオススメスポット3選

1.安田侃彫刻美術館「アルテピアッツァ美唄」

住所:北海道美唄市落合町栄町
TEL  0126-63-3137
※開館時間など詳細は上記HPよりご確認ください。
オススメポイント:美唄出身の世界的彫刻家・安田侃(かん)の作品群が点在する、広大な敷地に閉校した小学校の跡地や木造校舎、自然を活かしたスペースに作品を展示している彫刻公園です。小さな子供もお楽しめるのびのびとした空間で、敷地内にはカフェもありゆっくりとした時間の流れを楽しめます。

2.宮島沼

住所:北海道美唄市西美唄町大曲3区(宮島沼水鳥・湿地センター)
TEL 0126-66-5066
オススメポイント:2002年11月18日、国内13番目のラムサール条約(とくに水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)登録地となった宮島沼。
毎年春と秋には最大6万羽が飛来し、エサを求めて一斉に飛び立つ早朝と、編列を組んで四方から群れが戻ってくる夕方は圧巻です。

3.ピパの湯 「ゆ~りん館」

住所:北海道美唄市東明町3区
TEL 0126-64-3800
オススメポイント: 桜まつりのある東明公園そばの高台に位置し、夜になると青くライトアップされる洞窟露天風呂が人気で、「青の洞窟温泉」とも呼ばれる温泉・宿泊施設です。
宿泊以外でも気軽に日帰り温泉としても利用がしやすく、メニュー豊富な食事処で休憩もできるのでちょっと一息に寄ってみてはいかがでしょうか。

ここもオススメ

池越しに見る夜のスペースカリヨンとライトアップされた桜

フォトジェニックなポイントを紹介します!
日が落ちライトアップのぼんぼりが点灯されたら、園内の池越にスペースカリヨンを望んでみてください。風がなければ水面に上下写しの絵画のような景色を見ることもできます。

さいごに

澄んだ空気と春香る大地でゆっくりとした時の流れを感じ、地元の食材を使用した屋台に舌鼓をうち、数多の星が輝く空に浮かび上がる桜と大輪の打ち上げ花火、賑やか過ぎずも華やかな桜まつりが「美唄桜まつり」の本当の魅力かもしれません。
ほっと心地のよい吐息が漏れるような空気感じてみませんか?
スポンサーリンク
おすすめの記事