桜祭り
冬の寒さもだんだんと暖かくなってきたらようやく春になります。
春といえばと思い浮かぶのはやはり桜です。
春の暖かさを感じるために桜は切っても切れない大事な春を感じるツールですね。
桜を観ると言えばやはり各地で開催される桜まつりですね。
今回は名古屋市の荒子川に咲く1,000本の桜が見所の
『荒子川公園さくらまつり2020』についてまとめてみました。

荒子川公園さくらまつり2020の基本情報

開催期間

3月中旬~3月下旬(予定)

場所

荒子川公園
〒455-0055 愛知県名古屋市港区品川町2丁目52

アクセス

<交通機関>
名古屋臨海高速鉄道あおなみ線荒子川公園駅から徒歩3分
<車>
名古屋高速4号東海線港明出口から江川線を経由し、国道23号を十一屋方面へ車で3km。

駐車場

無料駐車場あり(208台)

問い合わせ先

052-384-8787(荒子川公園ガーデンプラザ)

荒子川公園さくらまつりの見頃時期、開花状況

見頃時期

3月中旬~3月下旬  主な桜はソメヨシノ

開花状況

https://tenki.jp/sakura/ (名古屋は3月中頃予想です)

荒子川公園さくらまつりの見どころ

桜のトンネル

名古屋の港区に位置する開催場所の荒子川公園には
約1,000本の桜が咲き誇っており桜のトンネルのようになっています。
名古屋の都会を流れてきた荒子川も港区が最下流となり名古屋港へと流れていきます。
そんな荒子川のせせらぎを見たり聞いたりしながら桜並木を散歩すれば季節を感じられると思います。
夜になればライトアップがあり趣のある夜桜を観ながら川沿いを散歩したりするのも楽しいと思います。

イベントが盛りだくさん

やはり名古屋なのでイベントが豊富です。去年はダンスやコンサート・盲導犬とのふれあいなど、様々な企画で盛りだくさんでした。
家族や友人を連れていっても桜だけでなくさまざまなイベントがあると1日中遊べるので助かりますね。
さらにグルメにも力が入っていて、愛知県産の産地直送トマトの販売や港区の農産物を使って新たな名物グルメを作ろう、という凝った企画のナイトグルメプロジェクトが行われていました。
今年もたくさんの企画があると思うと春が待ち遠しいです。

↑去年のイベントのチラシです。
書き切れないほどたくさんのイベントが企画されています。

荒子川公園さくらまつりの混雑状況

桜まつり期間中は混み合いが予想されますが、
基本的には荒子川公園駅と隣接しているため、電車で行けるか人は混雑は感じにくくスムーズなお花見を楽しめると思います。
車でお越しの人は、荒子川公園には無料の駐車場があり開催期間中も無料で駐車可能です。ちなみに近くにあるイオンの駐車代は最大600円です。

荒子川公園さくらまつりの周辺オススメスポット3選

1.イオンモール名古屋みなと

住所:〒455-0055 愛知県名古屋市港区品川町2丁目
オススメポイント:ご存知イオンタウンです。ここで食事を済ませてから桜を見に行くのもいいですね

2.TOHOシネマズ 名古屋ベイシティー

住所:〒455-0055 愛知県名古屋市港区品川町2丁目1−6
オススメポイント:イオンモールと同じ敷地にある映画館です。
春公開の映画はたくさんありますので映画ついでに桜を観るのもいいかと思います

3.スーパー銭湯みなと花の湯

住所:〒455-0055 愛知県名古屋市港区品川町1丁目1−4
オススメポイント:こちらもイオンモールの近くにある銭湯です。散歩で疲れた体を癒せます。

さいごに

やはり名古屋だけあって街の桜まつりと行った感じですね。
日々忙しくしている現代人には交通のアクセスも大変よく、
子供たちには「さくらまつり」だけでは飽きてしまうので、近くのイオンモールで食事や映画鑑賞などお楽しませる事も出来ます。
また、『荒子川公園さくらまつり』ではさまざまなイベントが開催されているの事が多いので子供たちが飽きてしまう事も少なく、歩き疲れたお父さんたちもイオンモールで一息つくことも可能です。
田舎の空気の澄んだところで観るのもいいですが、
近場でアクセスのよい手軽に行くことのできる『荒子川公園さくらまつり』に1度足を運んでみては如何でしょうか?
スポンサーリンク
おすすめの記事