子育て 辛い 時期

子育て中にイライラしたりヘトヘトになったりすると、
「この辛い時期はいつまで続くのだろう?」と
思ってしまうことがありますよね。

ときには辛すぎて涙が出てくるという経験がある
ママも多いのではないでしょうか?

子育てが辛い時期はいつまでなのでしょうか?

いつまでなのか分かれば、
ちょっとは頑張れるかも!と思いませんか?

子育ての一番辛い時期や辛いと
感じる理由をご紹介していきます。

子育てが辛い理由は?

子育て 辛い 理由

「子育てが辛い」といっても、
辛い理由は人それぞれです。

子育てが辛いと感じる理由を
いくつか見ていきましょう。

体力がもたない

子育ては体力勝負!といっても
過言ではないくらい、
かなりの体力を消耗します。

生まれたばかりの時は、
産後の痛みを耐えながら
寝不足の日々を送らなければなりません。

成長してくると、
今度は子供たちのありあまる
元気を発散させなくてはいけません。

公園に連れだしたり散歩に行ったりと、
親の体力の方が消耗されていきます。

イヤイヤ期が辛い

子供の最初の反抗期とも言える
イヤイヤ期が辛いという方も多いですよね。

何を言っても「やだ」「やらない」という
子供に頭を抱える親は少なくありません。

自分に余裕がある時ならいいのですが、
急いでいる時や疲れている時などは
このイヤイヤ攻撃に
ほとほと参ってしまいます。

孤独

子育てって孤独ですよね。

私もとにかく「大人が恋しい!」と
いつも感じていました。

夫の帰りは遅いし、
たまの休みには「かわいいかわいい」と
子供たちを可愛がります。

何が辛いのか理解してもらえず、
こんなに辛いのは自分の力不足なのだと
落ち込むことも多々ありました。

兄弟喧嘩

下の子が生まれ、
次に悩まされるのが兄弟喧嘩です。

おもちゃの取り合いから始まり、
ママの膝を奪い合い、
中には取っ組み合いの喧嘩をする子供も。

一日中喧嘩をしては
「ママ~!お兄ちゃんが~!」
などと言いつけに来るのでママは大忙しです。

達成感がない

子育てには終わりがありません。

一日どんなに頑張っても、
毎晩のように子供の寝顔を見て
「もっと優しくすればよかった」
と反省する日々。

頑張っただけお給料がもらえる
わけでもありませんし、
誰かに褒めてもらえるわけでもありません。

達成感がないので、
疲労感ばかりが
どんどん溜まっていきます。

 

子育てが辛い時期はいつまで?

子育て 辛い いつまで

この辛い時期はいつまで続くのだろう
と考えることもあるでしょう。

私も「この時期さえ乗り越えれば」と思い続けて、
もう何年も経ちました。

子供の性格やママの性格によって、
辛い時期は異なるようです。

 

振り返ってみると、
私が一番辛い時期は
子供が2~3歳頃まででした。

言葉が通じるようになり、
自分のことが少しずつ
できるようになってきて、
4歳になる頃には
だいぶ楽になった気がします。

 

下の子が生まれて、
喧嘩はあるけれど、
二人で遊んでくれる時間もできたので、
付きっきりの生活からは
少しずつ解放されてきました。

しかし、
人によっては新生児期が辛い
と感じる場合もありますし、
小学校に上がってからの方が
大変という方もいるようです。

 

いろいろな意見を聞いてみても、
子育てをしているママで
「辛い時期なんてなかった」なんて
人に出会ったことがありません。

「辛い時期が終わった~!」と
具体的に感じることも、
おそらくないのではないでしょうか?

 

ただ数年経って、振り返ってみると
「あの頃よりは楽になったな~」と
感じることが多くなります。

抱っこするのさえ怖々だった赤ちゃんの頃、
転んで頭を打たないか
冷や冷やしていた歩きたての頃、
夜泣きが多かったあの頃。

そんな頃を振り返ると
「あぁ~あの頃に比べると楽になったんだな」
と感じられる日がきっとくるはずです!

 

子育てが辛い時期を乗り越えるために

子育て 辛い 乗り越える

辛い時期はほとんどが
「子供が成長している時期」でもあります。

自我が芽生えてきたり、
集団生活に溶け込もうと頑張っていたり、
子供自身も頑張っている時期なのかもしれませんね。

「よし、成長しているな!」と考えると、
少し余裕をもって対応できるかもしれませんよ。

 

辛い時期には誰かに相談したり、
リフレッシュすることも大切です。

子育てが辛いと感じることは、
誰にでもあることで、
恥ずかしい事ではありません。

旦那さんはもちろん、
同世代の子供を持っているお母さんや、
両親に相談してみるとスッキリしますよ!

 

また寝不足や疲れているときは
イライラしてしまうものです。

家事を完璧にしようと頑張らずに、
ちょうどよく手を抜いて、
子供と一緒にお昼寝しましょう!

15分でも30分でもぐっすり寝ると、
体力も回復しますし、
気持ちもスッキリしますよ。

 

まとめ

今がどんなに辛くても、
子育てが辛い時期にもいつか終わりがきます。

時間が経てば「楽しい日々だったな」と
振り返ることができますので、
自分を責めずに時の流れに身を任せましょう。

子供もママも元気が一番!

あまり気負わずに、
今しかできない子育てライフを
一緒に満喫しましょうね。

スポンサーリンク
おすすめの記事