子育て仕事退職

出産後の育児復帰の時期は各家庭によってそれぞれですが、

いざ、仕事復帰をしてみると仕事後疲れて

帰宅すれば家事と育児に追われ

慌ただしい毎日を過ごすことになります。

 

出産前の仕事に加え、ブランクを取り戻そうと必死に働いていると、

保育園から「熱がでたので、早くきて」との呼び出しがかかり

早退することも度々あります。

 

仕事の予定が立てにくくなり

うまく仕事できないことにイライラしたり、

保育園から疲れて帰ってきた子どもが眠たくてぐずって

イライラしたりと、うまくいかない日もあると思います。

そのような時に退職を考えはじめるのではないでしょうか。

 

今回は退職するのであれば何を考えたらいいかをご紹介します。

 

共働きママの1日(子育て・仕事・家事)

子育て仕事退職スケジュール

共働きのママはどのような1日を過ごしているのでしょうか!?

1歳2ヶ月から娘を保育園に預けた

私の1日の毎日のスケジュールをご紹介します。

 

<AM>
6時00分: ママ、娘、起床
6時30分: 娘に朝食を食べさせ、保育園のノートを記入
7時00分: 夫と娘と一緒に自宅を出発
7時10分: 保育園到着
8時00分: 職場到着
<PM>
18時00分: 残業終了
19時00分: 保育園到着
19時10分: 帰宅
19時20分: 夕食
20時00分: お風呂
21時00分: 娘就寝
21時30分: 翌日の夕食と弁当作り、洗濯、保育園の支度、夫帰宅
23時00分: 就寝
26時00分: 娘が夜泣きで起きる

 

私の職場はアットホームな職場で

社長も上司も残業せずに帰ってもいいとは言ってはくれましたが、

その分の仕事が翌日に残ってしまうこと、

さらに自分ができなかった分の仕事を周りの方が

カバーしてくれることも申し訳ないと思ってしまい、

定時に帰宅することはなかなかできませんでした。

 

現在、退職を悩んでいる方で同じ悩みを

抱えている方は多いのではないでしょうか?

 

通常は18時には帰るようにしておりましたが、

休み前には20時まで残業する日もありました。

 

夜泣きや授乳で夜中は起きて、

出産前と環境とはまったく異なるのに、

会社は出産前と同じ分量を与えます。

 

さらに、

育児休暇中に入社した新人の教育係を任されるなど、

育児休暇で休んだ分もカバーし、復帰するとすぐに

どんどん仕事が溜まっていきます。

 

それに加え、

帰宅すると子どものお世話に家事です。

 

どれも1人で完璧にこなすことは不可能でしょう。

 

退職後の「メリット」と「デメリット」

子育て仕事退職メリットデメリット

退職することによって何が得られ、

何が得られなくなるのかを考えました。

私も職場復帰後、仕事と育児の両立がうまくいっておらず、

残業の多さに、毎日退職するか悩んでおりました。

 

復帰から5ヶ月たったある日、夫の転勤が決まったため

保育園も仕事も辞めることになりました。

 

退職することによってよかった点とマイナスになった点をまとめました。

 

メリット

育児に集中できる。

朝から晩までずっと子どもといるので、

一緒に遊ぶことができます。

 

平日すいている公園にいったり、

地域の子ども会に参加してみたり、

買い物に一緒にいってみたりと

親子の密な時間を過ごすことができます。

 

時間に余裕ができる

慌ただしく毎日を過ごしていたため、

子どものことをじっくりみてあげられない日も

あったと思います。

 

時間ができることで、料理や掃除など

家事に力を入れることもできます。

 

また、時間に余裕ができると心にも余裕ができますので、

些細なことでイライラすることが少なくなりました。

 

デメリット

近くに住む娘と同学年の友達がいない

結婚して、新居を立てたり夫の家に引っ越したりと

地元ではない場所に住むことになった人は多いかと思います。

 

知らない土地で友達を作ることはなかなか難しいです。

 

ママの収入が一時的になくなる

正規雇用でも非正規雇用であっても、

月々あった収入が減ってしまうことは家計に大きく響きます。

 

退職するにあたり、夫の給料だけで貯蓄も含めて

生活できるかどうかを夫婦で考える必要があります。

 

子どもの教育費としても

小学校〜大学まですべて公立でも最低約1,000万円かかります。

 

2人目のタイミング

1人目の育児が少し落ち着くと、

2人目を考えはじめる夫婦も多いのではないでしょうか。

 

1人目で育児休暇を取得していたことで、

育児休業中も収入があったかと思います。

 

もしも今、退職してしまうと、

すぐに2人目の時に育児休業を取得することは難しくなります。

 

育児休業は法律により定められており、

  1. 当該事業主に引き続き雇用された期間が1年以上である者
  2. その養育する子が1歳6か月に達する日までに、その労働契約(労働契約が更新される場合にあっては、更新後のもの)が満了することが明らかでない者

という規程があります。

 

もしも、退職してしまうと、

2人目のときに育児休業を取得するには

再就職する会社で1年以上働くことが必要になります。

 

保活に不利になる

たとえば、認可保育園に預けたい場合、

選考のために各家庭に点数がつけられます。

 

家庭の点数は父・母それぞれの基準指数を合算し、

調整指数の加点・減点を行ったものになります。

 

点数や順位の内容は自治体によって異なるのですが、

簡単にいうと、共働きで保育が必要な家庭は

母が専業主婦の家庭より点数が高くなります。

 

そのため、退職してしまうと母の点数が低くなり、

認可保育園に預けにくくなる可能性があります。

 

私自身も引越し先では専業主婦となってしまったため、

点数が低くなり、認可保育園に入学することが

できなくなってしまいました。

 

まとめ

子育て仕事退職まとめ

退職するかしないかの決め手は

家族にとって何がいいかを考えることです。

 

収入で言えば、もちろん仕事を続けた方がいいでしょう。

 

しかし、

親がツライ顔をしていると子どもも悲しくなります。

 

お母さんが疲労で倒れてしまうと、

子どもはさらに悲しくなります。

 

いつも元気でいれるならば、

仕事を続けるべきと思いますが、

子どもや夫を悲しませて仕事を続けるくらいならば

退職を選択してもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事